日 本 の ハ ク チ ョ ウ




 羽繕いをするオオハクチョウ、越冬するためには羽根の手入れは欠かせない


   


         国内は、オオハクチョウとコハクチョウの2種類
  日本に定期的に渡来するのは、オオハクチョウとコハクチョウの2種類。大きなハク
チョウがオオハクチョウ(大白鳥)、小さなハクチョウがコハクチョウ(小白鳥)です。
 オオハクチョウが越冬するのは、主に北海道、青森県、岩手県、宮城県、山形県など
で日本の北に位置する地域に限定されています。
  一方、コハクチョウは新潟県、山形県、宮城県、福島県、石川県などでオオハクチョ
ウの越冬地と比較すると日本の北側とやや中部に位置する地域での生息が特徴です。
 しかし、宮城県、福島県、山形県はオオハクチョウ、コハクチョウと2種類が生息して
おり、この地域がオオハクチョウの南限、コハクチョウの北限にそれぞれ位置すること
が分かります。


  左側がオオハクチョウ、右側がコハクチョウ (北海道新ひだか町静内・静内川河口域)
                      




過去5年間の個体数                    
                                               (調査日:毎年1月上旬/単位:羽)

   調  査  年  オオハクチョウ  コハクチョウ  アメリカコ
 ハクチョウ
  コブハク
 チョウ
 不   明    合    計
 2010(平成22年)    30,748   36,809       -     200     369    68,126
 2011(平成23年)    29,884   36,814      17    269     414    67,394
 2012(平成24年)    24,990   32,946       8     215     510    58,669
 2013(平成25年)    26,621    39,825      14     218   1,190    67,868
 2014(平成26年)    32,166   37,154      15     256   1,188    70,779
   合      計   144,409  183,544      54   1,158   3,671   332,836
   平      均    28,881   36,708      13     231     734    66,567
 ※データ:環境省ガンカモ類生息調査
 ※2010年、アメリカコハクチョウ個体数はコハクチョウに含まれる


 シベリアから国内に渡って来る個体数は、繁殖での餌となる植物の生育、出生率、死亡数など環境変化などにより
毎年増減しますが、大きな変化はありません。
 オオハクチョウとコハクチョウでは、コハクチョウの方が約20%多くなっているのが興味深いデータと思います。また、
コブハクチョウは、日本では野鳥ではありませんが、国内に生息するハクチョウとしてカウントされています。
 アメリカコハクチョウは、昔と比較すると若干個体数が増えた印象を受けますが、毎年20羽未満なので相変わらず
希少種であることには変わりません。



2004~2013年全国ハクチョウ類・ガン類越冬数調
  
 (環境省ガンカモ類生息調査/2004~2013年1月、データ:環境省)

 

調 査  年

ハ  ク  チ  ョ  ウ

オオハク

内数北海道(%)

コ ハ ク

白鳥類計(前年比)

2004(平成16年)

32,820

2,962( 9.0)

45,283

78,296( 9.1)

2005(平成17年)

35,825

6,019(16.8)

44,804

80,984( 3.4)

2006(平成18年)

38,660

5,265(13.6)

40,619

81,554( 0.7)

2007(平成19年)

35,758

5,173(14.5)

42,648

78,791(-3.4)

2008(平成20年)

37,984

3,639( 9.6)

40,485

78,870( 0.0)

2009(平成21年)

33,201

4,036(12.2)

39,965

73,551(-6.7)

2010(平成22年)

30,748

2,689( 8.7)

36,809

68,126(-7.4)

2011(平成23年)

29,884

3,841(12.9)

36,810

67,394(-1.0)

2012(平成24年)

24,990

2,089( 8.4)

32,946

58,669(-12.9)

2013(平成25年)

26,621

2,640( 9.9)

39,825

67,868(15.7)



    2004~2010年全国コハクチョウ越冬数調は、現在制作中
  


   2011~2013年北海道オオハクチョウ越冬数調べ
   
    (環境省ガンカモ類生息調査/2011~2013年1月、データ:北海道環境局自然環境課)

 調    査    地

     個     体     数

 順     位

場   所

市町村

区分

2011

2012

2013

平 均

全体

河川

湖沼

厚岸湖

厚岸町

道東

1,367

638

1,091

3,096

1,032

1

1

火散布沼

浜中町

道東

  400

351

  478

1,229

410

2

2

屈斜路湖

弟子屈町

道東

459

157

  385

1,001

334

3

3

様似川

様似町

道南

211

132

175

518

173

4

1

静内川

新ひだか町

道南

228

91

88

407

136

5

2

十勝川

帯広市・幕別町

道東

163

84

21

268

89

6

3

千歳川

千歳市

道央

168

7

70

245

82

7

4

藻琴湖

網走市

道東

157

48

   1

206

69

8

4

幌別川

登別市

道央

77

43

40

160

53

9

5

藻散布沼

浜中町

道東

55

68

30

153

51

10

5